麻雀のゲーム途中でログアウトしない

私は、オンライン麻雀をしていて、
一気に興ざめしてしまうことがあります。
それは、たとえば親のハネマンなどの高い手に放銃したプレーヤーが、
それを機にゲームからログアウトをしてしまったときです。

フリー雀荘では、どんなに手痛い放銃をしたとしても、
点数がある限りはその場に残って打ち続けなければなりません。
誰でも高い手に放銃をすればショックを受けるのは当たり前で、
精神的にはとてもツライですが、だからといって麻雀を打つことを放棄してはいけません。

それに、点棒が残ってさえいれば、
何が起こるかわからないのが麻雀の魅力でもありますし、
そこから逆転するというくらいの気構えがないと、
結局ギリギリの勝負を勝ち切ることはできないのです。

ですので、私はたとえ大きな手に放銃してしまったとしても、
それでゲームを投げ出すということは絶対にしませんし、
そもそもしてはいけないことだと思っています。

オンライン麻雀ができるようになったことはとても便利ですが、
最低限のマナーは守らなければいけないと私は思っています。

DORA麻雀評判TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ