相手を警戒しすぎて全員ノーテン

私は、麻雀というゲームが、
いかに自分の頭の中でグルグルと考えてしまう
ゲームであるかということを思い知るときがあります。

それはどんなときかというと、
相手が鳴いて手牌をさらしていたり、
ものすごく手役の高そうな捨て牌をしていたりなどで
テンパイ気配を感じ、いろいろとヨミをめぐらしたにもかかわらず、
結局全員ノーテンで流局してしまったときです。

麻雀を何回も打っていると、
自然とテンパイ気配というものを感じるようになり、
たとえリーチがかかっていなかったとしても、
そういう気配を敏感に感じ取り、オリたりマワったりすることがあります。

しかし、その感覚というのは絶対的なものでは決してありませんので、
考え過ぎて自滅してしまうこともしばしばあります。

その良い例が全員ノーテンで、
全員が全員の手牌を警戒しすぎると、
そういう何とも言えない結果になってしまうことがあるのです。

ですので、確かに相手を警戒することも大事ですが、
警戒しすぎて自分のチャンスを潰してしまわないように心がけたいと思っています。

DORA麻雀評判TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ